PLDDで簡単に症状を緩和することが可能|大注目の切らない手術

ドクター

脳の異常を確かめる

先生

横浜の病院を利用すれば、人間ドックを受けることができます。人間ドックは体を詳しく検査できるというものですが、健康を維持するためには、体だけではなく脳も重要です。体が健康的な状態でも、脳に異常があると思い通りに体を動かすことができなかったり、体が動かなかったりしてしまいます。脳ドックも、一般的な人間ドックと同じように脳に関する病気や異常を発見することができます。脳梗塞や脳腫瘍など、脳に関する病気は様々ありますが、脳ドックをしてそのような病気をなるべく早く見つけましょう。定期的な脳ドックが、健康を維持してくれ、命も助けてくれます。脳ドックの他にも、肺ドックもあります。喫煙者がなる可能性が高い病気が、肺がんです。肺がんは胃がんと同じように、患者数が多い病気です。たばこを吸っている人は、特に肺ドックを受けた方が良いですが、たばこを吸っていなくても、家族に喫煙者がいる人も肺ドックを受けた方が良いです。身近に喫煙者がいる場合は、副流煙を吸い込んでいる可能性があるので、その分病気のリスクも高くなります。それを考慮すると、喫煙者ではなくても肺ドックを受けておいた方が良いのです。横浜の病院には、脳ドックや肺ドックを実施しているところもあるので、情報を集めて利用しましょう。

病院で人間ドックを受けたり、健康診断をしたり定期的に検査を受けることは大切です。しかし、病院に行かずに検査をしないという人は多いです。行かない人の理由として、時間が無い、という理由があります。仕事があると、時間がかかるような人間ドックはなかなか受けるのは難しいです。そういう人に嬉しいのが、企業検診です。病院の中には、企業検診や巡回検診と言って、職場の近くで検査をしてくれるところがあります。そのようなサービスがあると、病院に行く暇が無くても検査を受けることができます。また、企業にとっても従業員全員の健康を管理することができます。

人間ドックは定期的に受けることで病気の早期発見や予防に繋がるのですが、ほとんどの人は病気を発症してから病院に通うと考えられます。また、腰痛などを抱えているけど大したことないと無理してしまうと、悪化してしまうので早めに治療を受けることが大切です。腰痛は誰にでも起こるものですが、ヘルニアになってしまうと今後ツライ症状と長く付き合っていかなければなりません。ですから、早い段階で腰痛治療を受けてヘルニアを予防していきましょう。また、中には既にヘルニアになってしまった人もいるでしょう。その場合、PLDD治療を受けると良いです。従来の治療法では腰痛の原因になる骨を切除したりしていたのですが、最近注目を集めているPLDDは切除をしません。レーザー治療となっているので、痛みもほとんどなくすぐに回復にも向かうことが出来ます。

希少価値のある装置

聴診器

サイバーナイフは、国内に数十代設置しています。非常に希少価値のある装置になります。治療を行うときには、医師の判断によって紹介などをすることがあります。また、適応するかを医師が判断します。

血液が逆流する

病院

下肢静脈は、皮膚の表面にある静脈と深部にある静脈があります。静脈は、心臓に血液を流す役割を持っています。逆流しないように弁がありますが、機能障害や破壊された時には、逆流することもあります。

早期発見をする

看護師

乳がん検診を受診している人が多くいます。最近では、子宮がんなどを簡単に調べることができる無料のキットなどがあります。これらを活用し早期発見をして対処しましょう。